夢脳のまなざし

いい男が好きすぎて現実では足りず歴史さえもよこしまなまなざしで見てしまっています。旅行が好きです。(http://nanos.jp/minamooon/)

【歴史創作】和姫さまと藤堂高虎と夢脳

徳川和、こと和子さま

("かずこ"じゃなくて"まさこ"と読むことを最近知りました)


f:id:kotosawa_a:20180417223344j:image

(好きな女も子供も遠ざけられて…なんたることや)

(帝…わたしだってまだ14歳で政略結婚ですのよ)

 

  和姫は徳川秀忠、お江の方の娘で、武家から天皇家へお嫁入りをした日本史の中でもかなり 稀有な女性です。(最近だと津軽華子さま?位ですかね)

  この方の入内、生涯は、

大阪の陣から徳川二百年の泰平を体現したものの様。

 

 まず、家康の「天下泰平の為に、徳川の血筋をもつ天皇がほしい」思惑で決まった婚約ですから

天皇家側も後水之尾本人もはぜんぜん乗り気ではありません。

和姫はまだ14歳ですし、後水之尾天皇にはお"よつ"という愛する女官 皇子たちがすでにいたのです。(よつは皇后ではありませんから、まあ、当時ですから押せ押せで行けばいいのですが…)

 

なんといっても「関東」の「武家」の姫君です。

はんなりとした都人からすると「アマゾネス」のように想像していたのでしょう(笑)

(現に東国の女は男と共に戦場に出たり、国を守ったり、城主になったり、鎧姿で舅を追い返したり…と美しくも猛々しい伝承が残っています)

 

天皇家側があれやこれやと生八つ橋に包んで時間を稼いでいる間に

大阪の陣が勃発。

徳川家も、都の近くの大阪も、それどころではありません。

和姫の伯母にあたる「淀殿」もこの時死んでしまいます。

そして極めつけは ひと安心したのか、家康公の死…

徳川家は戦争と服喪で、入内どころでは無くなります。

 

しかし、それで引き下がる武家ではありません。

東国の武家の女なんて嫌すぎて譲位まで仄めかしはじめる後水尾天皇にとうとうやらかします。

 和姫入内を拒む五摂家以下の公卿衆にあの藤堂高虎を遣わし

 

「はぁ?!和姫さまの何が不満なんだ!!先例もあるんだから、徳川家の言うことを聞けや!!あんまりわけわからん事言ってると天皇島流しにして俺は切腹してやる!!!!」

 

と交渉させます。

一農民(元々は領主の家柄)から大名にまで登り詰めた、しかも身長190cm(!)身体は肌がどこかわからないほど傷だらけの高虎に凄まれたら、やんちゃ公卿近衛信伊位じゃないと断れません。(高虎は意外にも茶道などに明るく近衛家によく出入りしていたとか)

 

こうして、和姫さまは天皇の女御となられたのです。

蓋を開けてみれば、和姫さまは大変魅力的な方だったようで、「おしゃれ中宮」好みの美しい小袖を流行らせ、押し絵を自ら描かれたり、風雅な女御として古くからの女官や公家衆にも好かれ、後水之尾帝とも仲が良く 女一宮をもうけ、彼女を女帝とし、

見事徳川と天皇家の光となったのでした。

 

和宮と家茂みたいで、色々あったけど仲良しでかわいいですね。

余談ですが、和子の異父姉(豊臣秀勝との娘)で九条家へと嫁いだ九条完子は、のちに大正天皇皇后となる女性の遠い祖先となり、織田 豊臣 浅井の血は天皇家へと続いています。

女帝は生涯独身らしいので…家康公、真の意味では作戦失敗でしょうか?

千姫、和姫、完子と、母たち浅井三姉妹にまけないすごい姫たちですね…

 

しかし、藤堂高虎はなんでここまでクレイジーいえ強心臓なんでしょう。

公卿出身ならいざ知らず、武家、しかも農民身分に落とされていた彼からすれば天皇とはそれこそ現人神のようなものだったのでは…

浅井→織田→豊臣→徳川を渡り歩き、その度に出世してきた彼はとてつもない現実主義者で 雇い主第一、何も怖いものはなかったのでしょうか…?

この前まで秀長、秀吉に仕えていたのに

家康が亡くなるときには宗派の違いを嘆かれればその場で「改宗」

「これで大御所様にあちらでもお仕えできますぞ」

と家康を涙させたり、本当にクレイジーです。(褒めてる)

 

彼の生涯はいつか大河ドラマになりそうなくらい面白い。

 

 

夢脳の私からすると

トリップ現代人OLに「え?天皇陛下?わたしみたことあるよ~(ニュースで)」って話を聞いたり「駄目な会社はばんばん捨てれば」に影響されたりしてたら…非常にいいですよね。

f:id:kotosawa_a:20180417223353j:image

 体も大きくて、現代っ子とも…。

和姫さま入内のときのクレイジーぶりは、最初の主君であり、足軽の自分を取り立てて刀まで授けてくれた浅井長政の孫(江は長政の娘)だから、とかそんな理由でもぐっときますね…


f:id:kotosawa_a:20180501211402j:image

 そう、冬に知らずに行った上野東照宮は 高虎の墓もあったらしい。あの五重塔は寒松院のものだったそう…寒牡丹が本当に美しかったです。

しかし東照宮に葬られるとは…高虎は外様愛され大名の代表ですね~